スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻創文庫 全目次 2016年06月20日 *目次 コメント:0

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ●恋詩・月華シリーズ
旭、圭、蒼太、吟……このあたり、ご存知の方は、三人の行く末、日常、波乱万丈な物語を再びどうぞ。
そしてご存じない方、かなり長いシリーズですが、ぜひ。

[BL]恋人までの長い道 <全44話>*
倉橋旭は二十七歳、今年デビューの新人歌手だが、マイナー、インディーズでは十五年選手で、一部に熱狂的信者を持つことで有名な超ベテラン新人だ。
芸能界にも旭のファンは多く、老舗芸能プロダクション、「SHEGGY‘Zプロ」アイドルシンガー尾崎圭(二十四歳)と、超売れっ子のアイドル俳優・津田春海(二十二歳)、元俳優で、芸能カメラマンの相原隆史(三十四歳)の三人は、神秘的な歌声と、甘いマスクで人々を魅了するちょっと天然な男、倉橋旭に恋をしていた。
三人で、なんとか旭を我が物にしようと我策するが、根っから天然な旭にはなかなか通じない。
なかなか落せないコトに焦れた三人は、旭を酔わせて強姦しようというとんでもない事を計画するが……。
※ここから長く、長~く続く、旭、圭、蒼太、吟たちの物語のシリーズ原点の作品です。
※蒼太&吟はまだ出ていません。
2010/05/28~
 1.尾崎圭編
 2.相原隆史編
 3.津田春海編
 4.トライアングル編
 5.春海逆襲編
 6.隆史逆襲編
 7.倉橋旭編

[BL]恋人までの長い道R/薄情な恋人
甘い夜がほしい。
何もかも忘れて溶け合えるくらい、甘く蕩ける夜が欲しい。
憧れ続けた人とはれて恋人になれた圭は、ただソレだけを望んでいた。
「な、旭くん、俺、無理強いはしたないんです、今もし、スルんが嫌やなかったら、旭くんのほうから俺の手、とってもらえんですか?」
圭は旭から少し離れて右手を差し出した、引っ張っていくコトは出来る、でも出来れば旭のほうから来て欲しいと思った。
2009/12/18
      
[BL]恋する詩神 <全84話>*
やっと掴まえた恋人は三歳年上の超絶美人なアーチスト。
どこへ行ってもモテまくりの恋人にハラハラさせられるのはいつも僕のほう。
貴方は今どこを見てるの? 少しは僕を好きですか?
初めて出来た恋人は、三歳年下の全国区アイドルスター。
我侭で強引ですごく優しい。
なんで僕なんかを選んでくれたんだろう?
もう少し待っててよ、きっとキミに追いつくから……恋する想いは半人前。
「恋人までの長い道R」のメンバーがおくる、ちょっとエッチでちょっと切ない恋物語。
※後半から蒼太加入
2011/09/14~
 1.いつだって愛し過ぎてしまう
 2.それが痛みでも
 3.どうしてもキミがいい
 4.スロウレイン
 5.アスファルト・ソルジャー
 番外:リバース
 6.螺旋上の恋
 7.シナプス
 8.インモラリティ
 9.イッツ・リバティ

[BL]楽園に棲む龍<全105話>*
恋敵。
邪魔者。
排除必至。
近づいてはいけないもの。
そうと知っていながら近づいていく。
お前は一番触れてはいけない華だ。
※恋する詩神から一転、詩神(旭)に恋する男たちの物語。
2013/09/04~
 1.Fallen Dragon
 2.スキャンダル
 番外:シークレット・ラバー ゼロ
 3.シークレット・ラバー
 4.インソムニア
 番外:ビター&スイート
 5.楽園に棲む龍は愛に怯える。
 番外:トタン屋根に吹く風
 6.楽園に棲む龍は愛に溺れる。
 7.楽園に棲む龍は恋に惑う。
 8.楽園に棲む龍は愛に埋もれる。
 9.最愛
 番外:俺様Baby☆

[BL]月に叢雲、華に風。<全91話>*
学生時代の情人兼、自らが率いていた愚連隊の副官だった後輩から、その恋人を奪い取った形になる蒼太は、ようやく得た華である旭を、心から愛おしく思っていた。
旭はずっと自分の傍らで笑ってくれる。
なにがあっても変わる事のない普遍の愛に包まれて、まるで母親の胎内にいる胎児のように安らいでいられる。
自分には一生かかっても手に入るらないと思っていた温もりに触れ、蒼太にとって旭は、唯一侵しがたい聖域となった。
人として望み、得られる最大の幸、なにがあろうとも手放せないモノとなったのだ。
その旭に、魔の手が伸びる。
その時、蒼太は……
2015/01/30~
 1.華の愛し方
 2.月に叢雲、華に風。
 番外:謹賀新年
 番外:Boy Friend
 3.風が吹いた日/風が吹いた夜
 4.ウエディングライセンス
 5.恋の華降る夜だから
 6.NAUGHTY BOY
 7.SWEET HOME
 8.危険な恋人たち
 9.コランダム

[BL]エデンを夢見て<全67話>*
このシリーズは、もしも、旭が蒼太を選ばず、圭のもとへ戻っていたら? と仮定して構築されたアナザーワールドになります。
本シリーズ「楽園に棲む龍」「月に叢雲、華に風。」シリーズと並行して読んでいただけると、より楽しめるかもしれません。
2015/04/08~
 1.330時間の恋
 2.ラブ・シェイク
 3.春雷インビテーション
 番外:その声が聴きたくて
 4.ロスト・ドラゴン
 5.再愛
 6.しようよ。
 7.Suite Garden

[BL]月に応じて華に添い。*
 学生時代に付き合っていた弟分にもあたる圭の誘いに、うっかり乗り、関係を持ってしまった蒼太は、少しの後ろめたさを抱えながら、店へと帰宅した。
 店では恋人、旭が、昔の仲間で今は店を手伝ってくれている吟の出した料理をつついていた。
 遅く帰った自分が悪いのだが、その笑顔が気に障る。つい、苛めたくなった。
※このお話は、「恋人までの長い道」「恋する詩神」「楽園に棲む龍」「月に叢雲、華に風。」の続きになります。
前シリーズを読まずとも、楽しめますが、ここまでの詳しい経緯は、前シリーズをご参照ください。
2016/06/23~
 1.Co'undum
 2.DARKNESS AHEAD
 3.シルバースター
 番外:ヒマラヤの風
 4.ふたつのアオ
 5.アンダーオークション
 6.バックファイア

 「流水落果」シリーズ
世にも珍しい(?)蒼太総受けの番外シリーズ。(蒼太&飛田/暁樂/圭)
お相手は、下剋上を狙う圭、保護欲で迫る飛田、独占欲で縛る暁樂でお送りしてます。
2016/09/21~
 1.デンジャーボーイ
 2.囚我的龍
 3.下剋上、狙います!

 [BL]「月に応じて華に添い 」〈弐〉
すっかり出来上がり、ラブラブになった蒼太と旭の日常。
ほのぼの多め? バイオレンス物あり。(旭&蒼太+吟)
2016/11/18~
 1.バスタード!!
 2.xxx in Love
 番外 Keep Range (飛田&高山)
 3.花祀り

 「桜事変」シリーズ
もしも、蒼太が突然女性になったりしたら? そんなとんでもない発想から作られたシリーズ(旭&蒼太/ユキ&吟)
 1.桜月
 2.寒桜
 3.紅桜
 4.桜の病
 5.桜の命
 6.クールチェリー
 7.ユキ
 8.AFTER WORK

 「月に応じて華に添い」〈参〉
現在進行形。(旭&蒼太+吟)



 ●秋坂拓巳シリーズ
[特集]夕陽に光る蜂蜜漬けのオレンジ
非合法な闇カジノでの賭け試合のオーナー、純と、その参加選手秋坂は、いつしかオーナーとエントリー選手としての垣根を越え身体の関係を持つようになった。
純は十九歳にして闇社会の一端を仕切ろうとしている野心家で、秋坂は二十五歳になる今までに、一度も社会に貢献した事のない、ただの無頼漢だ。
だが二人きりの時にだけ、ほんの時々だが、蜂蜜みたいに甘い背中を見せてくれる。
とても綺麗な男だった……。
2009/01/15

[BL]檻の中<全20話>*
美しい人妻、秋坂妙子(あきさかたえこ)は、夫の留守中に親子ほども歳の離れた綺麗な少年、恭介(きょうすけ)にレイプされ、その少年の子どもを身ごもる。
そのコトを夫に言い出せないまま、妙子は子どもを生んだ。
生まれた子どもの名は「拓巳(たくみ)」
父親によってそう名づけられた子どもは、歳を重ねるごとに、美しく、妖艶に、見る者を狂気に陥れいれずにいられない輝きを放ちながら育っていった。
生まれた瞬間から「生きるコト」を拒まれた「拓巳」は、運命に逆らい、世界を破壊するモノになるコトを誓う。
2009/08/19~

[BL]夢の痕<全11話>*
秋坂拓巳二十五歳、罪状殺人未遂。
街中で突然、なんの面識もない女性を殺そうと襲い掛かった「拓巳」は、たまたまソレを目撃していた、唯一信頼をよせる医師藤木直哉を殺そうとした。
だが「拓巳」の中のもう一つの人格、藤木を慕う「タクミ」によって阻まれ、それは失敗に終わる。
身の内に巣食う「タクミ」との精神的葛藤と戦いの中、目的半ばで気を失った「拓巳」は、暴行傷害および殺人未遂の罪で逮捕されてしまった。
2009/10/27~

[BL]蜂蜜革命<全8話>*
生まれた落ちた瞬間に運命に呪われた赤子だった拓巳は、陵辱と虐待の中で育ち、やがて世界に復讐を誓う。
そしてそれを止めようとした善意の医師、藤木直哉の誠意と愛情に溺れそうになった時、藤木を殺すコトを決意。
やがて逮捕された拓巳は腕利きの弁護士守谷によって無罪を得、いつのまにか飼いならされていく。
そこへ現れた拓巳の実の父であり、永遠のライバルでもある男、恭介との死闘の末、恭介は死亡、拓巳も重症を負った。
恭介は不治の病で、自分の命があとわずかしかないと悟り、拓巳を道連れにする気だったのだ。
重症を負い、死地を彷徨った拓巳は、ようやく意識を取り戻したが、それまで生きて来た25年間の記憶と、左目の視力、そして左半身の自由を失くしていた。
だが、自由な身体を失くした代わりに、得たモノもあったのかもしれない。
2010/02/05~

[BL]蜂蜜革命R<全12話>*
虐待と陵辱の中で育った拓巳は自らを守るため、自分の中にもう一人の自分を作り上げた。
そしていつしかもう一人のほうに主導権は移り、自分を生み出し傷つけてきた世界に復讐する事を生きる目的とするようになる。
やがて拓巳は自分に愛と誠意を尽くす若い医師藤木にさえ背を向け、殺人未遂を起こして逮捕起訴された。
そんな拓巳を救ったのは、子どもの頃、ただ一人、なんの見返りも求めずに拓巳を助けてくれた事のある弁護士の守谷だった。
無償の親切。
拓巳の人生の中でそんなモノは一つしかなかった。
拓巳は拓巳自身も気付かぬところで守谷を愛し、求め始める。
そんな中、子どもの頃から拓巳を監視し、思いのままにしようとしていた男(実の父でもある)恭介が現れ、決闘になる。
二人の戦いは相打ちに終わり、恭介は死亡、拓巳は左半身の自由と左目の視力、ソレまでの不幸な記憶の全てを失った。
そして、変質的に拓巳を愛する藤木と、心から思いやり、心配する守谷の秘書雪柾交え、拓巳の新しい生が始まる。
2010/11/16~

[BL]NO CONTROL<全7話>*
大好きは大嫌い。
愛は憎しみの裏返し。
負傷し、全てを思い出した拓巳は自分のおかれた環境に納得できない。
何でこの俺がアイツの・・・なんだ?!
激しい愛は激しい憎しみへ変わる。
2011/01/11~

[BL]もう一度、恋をしよう。
バレンタインは特別。
愛し合うなら最高の日。
ね、お前もそう思うだろ?
さあ、とりあえず恋をしよう。
2011/02/09

[BL]蜂蜜中毒<全10話>*
ようやく春の声が聞こえだしたまだ寒い日の午後。
守谷は机の引き出しから懐かしい紙切れを見つけた。
それは今、自分から離れてしまった恋人「拓巳」がくれた贈り物。
「婚姻届」だった。
愛と憎しみは裏表。
「檻の中」「夢の痕」「蜂蜜革命」「NO CONTROL」に続く、拓巳と守谷、プラス雪柾の恋物語です。
2011/05/23~

[BL]制御不能<全10話>*
 アイツ、最近妙な声が聞こえるって言ってたんです。
 誰の声なのかは言わなかった。
 でも、とても気にしているようだったんです。
 声が聞こえる、それは幻聴なのか、それとも本当に聞こえていたのか……?
突然姿を消した拓巳を求め、男たちは動き出す。
※「檻の中」「夢の痕」「蜂蜜革命」「NO CONTROL」に続く、秋坂拓巳、守谷雅人、曽我雪柾、プラス藤木直哉の複雑な恋愛事情物語です。
2011/10/04~

[BL]射程距離*
悪魔のクスリ「WH」は、ただ人を破壊する事だけを目的に作られた。
拓巳は、拓巳を愛し、その愛のあまり自らの手で壊そうとした男の手によって、誘拐されWHに侵される。
友人である雪柾と吉祥時の手で助け出された拓巳は、その時すでに破壊され廃人同然だった。
だが拓巳を取り巻く者たちが、破壊され粉々に砕けた拓巳の自我を呼び戻そうと動き出す。
一度は治療を拒否し、死のうとしていた拓巳も、彼らの声に負け、愛する者たちのために、もう一度己を取り戻す努力を始めた。
問題作「制御不能」のその後。
長く続いて来た拓巳、守谷、雪柾、三人の男たちの愛情物語。
その最新作です。
2014/03/07~
 1.射程距離 ゼロ
 2.恋とは呼べない。
 3.恋愛闘技
 4.最後の恋




 ●咎人の恋シリーズ
[BL]月詠-つくよみ-<全6話>*
片や、女性と見紛うばかりの美人ながら、ヤクザの組長の息子。
もう一方は誰もが怯えるくらいの厳つい強面の男。
蓮(れん)と薙(なぎ)はそれぞれの理由から、学内ではいつもクラスメイトたちに敬遠され、孤立していた。

自分の場合はわかる。
だがアイツはなぜ敬遠されなければならない?
お互いにお互いをそう意識し始めた二人は、いつしかお互いに絶対に失くせない、なくてはならない魂の片割として結びついていく。

蓮と薙の想いを、蓮のほうから描いた「月詠-つくよみ-」です。
同じ話を、薙のほうから描いた「日輪-にちりん-」と対になっています。
あわせてお読みいただけると、より楽しめます。
2009/12/23~

[BL]日輪-にちりん-<全6話>*
片や、誰もが怯えるくらいの厳つい強面の男。
もう一方は女性と見紛うばかりの美人ながら、ヤクザの組長の息子。
薙(なぎ)と蓮(れん)はそれぞれの理由から、学内ではいつもクラスメイトたちに敬遠され、孤立していた。

自分の場合はわかる。
だがアイツはなぜ敬遠されなければならない?
お互いにお互いをそう意識し始めた二人は、いつしかお互いに絶対に失くせない、なくてはならない魂の片割として結びついていく。

薙と蓮の想いを、薙のほうから描いた「日輪-にちりん-」です。
同じ話を、蓮のほうから描いた「月詠-つくよみ-」と対になっています。
あわせてお読みいただけると、より楽しめます。
2009/12/25~

[BL]黄金の月<全11話>*
高校時代に知り合い、魅かれあい、共に親友と呼ぶようになっていた高塔蓮と柳原薙。
極道の組長を父に持つ蓮は、いつしか薙へ恋情を抱くようになり、友として接してくれる薙への想いに苦しみながらも離れられずにいた。
薙もまた、由香里という彼女がいながら蓮へ抱く不自然に甘い感情を持て余しつつ、お互いにその想いを告げないまま数年が過ぎていく。
そして二人が十八になろうという年、蓮の父が危篤状態に陥り、蓮は父親の纏めている組の跡目を継ぐことになった。
たった十八の組長になにが出来るだろう?
でもやるしかないのなら……。
その隣には、薙……やっぱりお前にいて欲しい。

薙と蓮の想いを、薙のほうから描いた「日輪-太陽の恋-」
同じ話を蓮のほうから描いた「月詠-月の恋-」の続きです。
※前話を知らなくとも楽しめますが、読んでいただけると、よりわかりやすく楽しめます。
2010/02/25~

[BL]裏咎
黄金の月 番外編
2010/04/09

[BL]太陽と月の巡り<全12話>*
「蓮…… 起きて、それは夢よ、起きて蓮」

「あん時のお前、桜の下でピンク色に染まってさ、ホンット綺麗で…… コッチが怪我人じゃなかったら、あのまま桜の木の下で押し倒してやろうと思ったぜ」

「高塔さん差し出がましいようですが、手塚はダメですよ、奴は貴方に惚れてる、それは貴方だってご存知なんでしょう?」

薙の消えたあと、蓮はただ悪夢に魘されながら虚しく日々を生きていた。
だが蓮には護らなければならない組とその構成員たちがいた、もう引き返す道はないのだ。

※「月詠」「日輪」
「黄金の月」に続く蓮と薙のシリーズ、第三部です。

[BL]薔薇盗人は罪にならない<全8話>*
高塔ゴメンな…… 俺、お前のコト好きで堪んねえ。
土下座してでもお前が欲しいよ。

浮岳殺しから二年後、長い裁判の末、蓮は釈放され、蓮と薙、そして由佳里と、三歳になる息子の隼斗との平和に暮していた。
隼人は薙によく懐いていた。子煩悩な父親らしい表情を見せる薙に、蓮は父親への憧憬を重ねるのだった。

「月詠」「日輪」「黄金の月」を経て
「太陽と月の巡り」で結ばれた薙と連、そして由香里のその後のお話です。
2010/08/11~

[BL]百足の夢
このお話は、「月詠」「日輪」「黄金の月」「太陽と月の巡り」
そして、その続編になる「薔薇盗人は罪にならない」と長く続いてきました蓮と薙のシリーズの外伝「百足の恋」のさらに番外編です。
シリーズ本編では、絶対的悪の象徴としての、ただの脇役でしかなかった白峰浮岳を主人公に据えた外伝「百足の恋」も、ようやく完結しましたが、今回の特別編では、そのさらに内側を抉りました。
ただ残酷に、非道に生きていた浮岳の、僅かに残る人間らしい感情。
人であれば必ずそこにある、思慕と哀しみ。
そんな束の間の世界です。
2014/07/24~




 ●BIRD MANシリーズ
[BL]ピンクの翼に護られて。<全11話>*
ある日突然地上に現れた拓斗は、ソレまでの人生の記憶を全て失っていた。
自分が誰で、ここがドコなのかもわからず、わかるのは名前だけ。
そんな拓斗の前に、謎の美少年、修二が現れ……。

滅び行く星での禁断のSF恋愛ファンタジー
2010/10/12~

[BL]BIRD MAN*
これと言った理由もなく、逮捕された修二とその仲間たちは、どことも知れない刑務所へ引き立てられ、暗い牢獄へ収監された。
そこに閉じ込められ、囚人として幾日かを過ごした修二の前に、ある日、謎の男が現れる。

「キミをここから出してやろう」
男はそう言った。
だが外へ出るには、趣味の悪い条件がつけられていた。
※「ピンクの翼に守られて」続編
2013/12/26~




 ●廃園の魔種・楽園の堕天使シリーズ
[BL]堕天使の群れ<全43話>*
エンゼル対魔種。
それは聖書にある最終戦争のように、天使と悪魔の最後の戦いにも見えた。
だがエンゼルは天使ではない。
そして魔種は悪魔ではない。
愛する者を護るため、ただ平和に生きるため。
西塔とマナブの最後の戦いが幕を開ける。
2012/04/16~
 1.溺レル鳥タチ
 2.キミに堕チルまで
 3.天使の叛乱
 4.神に叛くものたち
 5.愛の惑星

[BL]溺レル鳥タチ。<全31話>*
長い長い戦いの末、和解したエンゼルと魔種。
 ようやく平和になった世界で、西方天使、西塔マナブ(勇樹学/17歳)は、二人の天使に求愛され続け、強制的な関係を強いられ続けていた。
 そこに、それを哀れに思った魔種の長が加わり
 議長天使、佐伯鏡史郎(さえききょうしろう/27歳)
 東方天使、東城真白(とうじょうましろ/32歳)
 そして魔種の長、矢切重梧(やぎりじゅうご/36歳)
 三者によるマナブ争奪戦が始まった。
 天使(エンゼル)と悪魔(魔種)の愛と戦いのBLファンタジー「堕天使の群れ」その後のお話です。
2013/07/11~
 1.Kiss me Cherry
 2.Kiss me Cherry ~REVERSE LOVE
 3.Kiss me Cherry ~永遠の青 ~
 4.Kiss me Cherry ~チェリーボーイ~
 5.Kiss me Cherry ~蒼桜の夜に~
 6.Kiss me Cherry ~蛇は誘惑する~
 7.Kiss me Cherry ~いただきます~
 Kiss me Cherry 番外 ブルーバード
 8..ANGEL vs DEVIL



 ●Bloody Suckerシリーズ
[SF]Bloody Sucker*
キメラファースト/Bloodsuckerサクラ。
人類救済組織タバック正規隊員/白騎士、イツキ。

二人は人類の敵であるキメラのセカンドとサードから人間達を守り、キメラを倒し続けていた。
サクラ自身もBloodsucker(吸血鬼)であり、生き続けるタメに相当量の生き血を必要としていた。
だが、そう簡単に生き血は飲めない。
今日もサクラはキメラたちと戦っている、空きっ腹で……。
2012/04/02~
 1.熱風サクラ
 2.サクラ祭り
 3.桜心中
 4.紅桜散る!



 ●極彩色の猫シリーズ
[BL]極彩色の猫たち*
ヴィヴィの唇は熱くて甘い。
シットリと吸い付く柔らかい感触が理性を麻痺させ夢中にさせる。
少し唾液で湿ってきた内側を舌で撫で広げていくと、ふんわりと開かれた扉の奥にある蜜穴まで見える気がして上顎を舐め歯列をなぞった。
身体の芯まで熱くなる。

ヴィヴィ……
私は、お前のなんだ?
お前は私をなんだと思ってる?
2011/11/04~



 ●尊くんしりーず
[BL]碧色廃園<全2話>*
尊のいる埃だらけの小汚い教室は、旧校舎の三階、端っこにある。
そこで彼は獲物をまってる。
まるで蛇のような静かな面持ちで。
ずっと、待ってた。
2012/11/09

[BL]うちの飼い猫は贅沢。
綺麗で可愛い猫。
人懐っこくて、あったかい。
お前、うちの飼い猫になれよ。
優しくしてやるからさ。

くっ付きそうでくっ付かない。
気まぐれれセクシーで、寂しがり屋の尊と、ツンデレ優等生、秀一の、甘くもあり辛くもあるラブライフ。
※碧色廃園の続編になります。
2013/02/12




 ●射光シリーズ
[文芸]射光*
逸人(いつひと)の胸には、決して抜ける事のない棘が、深く冷たく刺さっていた。
自分が誰を好きで、なにを欲しがっていたのかわからないまま、身勝手に奪った日を思い、後悔はつのる。
俺はヒトデナシだ。
ヒトデナシに愛情など不要。
その日、逸人は、恋人へ別れを切り出した。

――杏子、俺はお前を愛してない、だから別れよう。
2013/09/17

[BL]奴に堕ちた夜
ピクッと小さく収縮したその部分が、まるでイソギンチャクのように見える。
海の中で、妖しく揺れながら、それに惑わされて近づく魚を喰ってしまう海中の妖花だ。
どんな感じがするんだろう?

雑誌記者の芝崎は、仕事上のパートナーである、カメラマンの逸人を自宅へと連れ込んだ。
逸人が酔いつぶれ、芝崎が介抱するのはいつもの事だ。
だが、その日は、いつもとちょっと展開が変わった。
酔いつぶれた逸人が、妙に艶っぽく映り、ついつい、悪戯心が疼きだす……。
※「射光」で登場しました逸人のBLストーリーです。
2015/02/09




 ●雪弥&桜組シリーズ
[BL]お姫様は男前!
半寮制の男子校へ通う翔太は、高校二年。
ちょっと変人な剣道部エースの龍平とは、小学生以来の親友同士だ。
いつも一緒にいたし、寮も同室だった。
その龍平が、最近ちょっとおかしい。
どうやら恋しているようだ。

「な、な、翔やん、俺な、雪弥ちゃんが好きや!」
「雪弥ちゃんって、あの香芝雪弥《かしばゆきや》?」
「そうそう! カワイイよなァ、雪弥ちゃん、なあ翔やんもそう思わん?」

「……男だけどね」
2014/01/28

[文芸]桜援花
学生時代、友人に裏切られた雪弥は、それ以来、人を信じる事が出来なくなった。
そんな雪弥を仲間たちは根気強く見守り、雪弥も彼らに心を開き始めていたが、その矢先、町を大地震が襲う。
家屋は倒壊、道路も寸断、雪弥とその仲間たちは、完全に外界から遮断された世界に取り残された。
生きていくため、それぞれがそれぞれに、しなければならない事を必死で行う中、雪弥だけはなにもしようとしない。
ゲーム機だけを相手に、ただだらだらと毎日を過ごす。
かつて雪弥を裏切った事のある浩太郎は、いつか、雪弥もまた動き出してくれると信じ、そんな彼を世話し続けていた。
そんな中、再び大きな揺れが襲う……。

※このお話は、2011,3,11のあとに書きましたが、当時の被災者の心情などを思い、公開しなかった作品です。
今回、1/17を前に、思うところあり、公開する事にいたしました。
軽いラノベ調の作品ですが、お納めください。
※なお、作中に登場する呼称等は、実在の人名、地名、組織とはなんの関係もありません。
2015/01/13




 ●秋也シリーズ
[文芸]闇の孔
俺の大学の図書室には、謎の小さな穴がある。
正体のわからないその小さな穴は、いったいいつからあったんだろう?
不思議に思い穴に近づこうとする真澄を、その誰かはとめた。
「近づかないほうがいいよ」
振り向くと、そこには、柔らかそうな金髪の、ちょっと生意気そうな美少女(?)がいた。
2014/02/12

[文芸]黄昏遊戯人
私立探偵、水原秋也、二十一歳、容姿端麗、明朗快活、有能必至。
その助手(?)早川真澄、二十三歳、無粋、生真面目、その上、超のつく御人好し。
二人は都内某所で探偵事務所を経営していた。
だが未だ嘗て、まともな仕事が来たためしがない。
おかげでいつも事務所はキュウキュウだ。
それだけでも大変なのに、なんと秋也はアレで。
そして真澄は超厄介な霊感体質だった。

「闇の孔」その二年後のお話です。
2014/02/14




 ●読み切り
[BL]天然果汁100%
中学生の時から自分の性癖を自覚していた秀吉(ひでよし)には、五年間ずっと片思いし続けてる憧れの人がいた。
その人は秀吉の所属する劇団の看板役者で、とびきりの美人だ。
外見は明るくセクシー、性格は可愛くて優しくて男らしい。
その上演技力は最上級、申し分のない人だった。
もちろん高嶺の花だし、相手はノンケ、打ち明けるだけでもかなりの勇気がいる。
毎日モンモンとしながら憧れの彼、航(わたる)の後を付回していた。
だがある日、誰もいない筈の楽屋から、あやしげな声が聞こえて来る。

「ダメです……人が来たら……楽屋はヤバイ……あっ」
「いいだろ、まだ昼前だぜ、誰もこねえよ」
「来ますってば、ね、ダメ……ぁ、ん」

それは憧れの航と、劇団の座長、慎二の声だった。
2013/02/20

[BL]冬には雪兎
冬の日の、小さく淡い恋は、珈琲の香りと雨の匂いと共に消えた。
雪兎(ゆきと)
なあ、お前、幸せだったかい?
卒業間近の大学生、隆也のほんのり淡い、初恋物語。
2014/01/30

[BL]不真面目な恋 前編 ・ 後編
ただいま売出し中のメンズモデル、吉祥寺充は、世間的にはカミングアウトしていないが、実はバイだった。
だが最近出来た(男の)恋人は、いつも忙しくてなかなか会えない。
そこで、仕事の合間に入っているバイト先で知り合った青年、佐倉優也と飲みに出かける事にした。
佐倉は小劇団所属の舞台役者で、なかなかの美形、実は好みのタイプだ。
浮気したい訳ではないが気分は浮かれる。
やがて何軒か飲み歩いたあと、上手い具合に酔った佐倉が色っぽく絡んでくる。
これは、手を出してもいいというサインだろうか……?
姑息な浮気心が顔を出す。
2014/01/15  2014/01/17

[BL]廃屋の虜<全2話>*
 目を明けたヒロトは、自分が全裸でベッドに縛りつけられている事に気づいた。
 横には祐一がいる。
「香嶋……ッ、祐一っ?」
 やがて何かに憑りつかれたような、くすんだ目をした祐一は、ピチャピチャと音を立て、ヒロトの胸にある、ほの赤い突起を舐めはじめた。
 女じゃあるまいし、そんなところを舐められて感じたりする筈はない。
 怒りに震えながらそう思いこもうとしたヒロトは、祐一の舌が触れるたび、何かが浸透してくるような錯覚を覚えはじめる。
 錯覚は錯覚を呼び、胸の突起から身体の内側までがジンジンと痺れ出した。
2013/03/07

[BL]ミチハルさんちの灰色猫
うちには時々猫が来る。
 そんな可愛い奴じゃない。
  薄汚れてみすぼらしくて
   でもあっかい猫なんだ。
2015/01/15




 ●女性向け
[ロマンス]ちゃんとしなさい!!
「桃代(ももしろ)先生いる?」
「いるわよ、どうかした?」
「ん、ちょっと気分悪いんだ」

 気分が悪いと言うわりに、涼しい顔をして、伸ばし過ぎた髪をかき上げながら笑ってるのは三年E組の名物男子、美倉美樹(みくらみき)。
 どこが名物かと言えば、アイドルスターばりのイケメンなのに女名なところ。
 さらに女の子に優しいところ。

「ね、キスしてもいい?」

「センセ、可愛いね」

今時男子に急接近されちゃった保健室のおばさん、養護教諭の桃代薫(ももしろかおる)36歳。
彼氏いない歴も36年。
いきなりこれはないんじゃない?
2012/09/26

[ロマンス]インフェスタント
私はあなたのなにを知っていただろう?
あなたは私のなにを求めたのだろう?
運命というには、短過ぎた恋。
女はその少年を愛した。
そして歯車は回りだす……。
2014/02/25
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。